東京葛飾医療生活協同組合
保健・医療・介護のネットワークで地域まるごと健康づくり
プロフィール
医療活動の宣伝紹介
事業所紹介
活動紹介
医療介護事例相談
イベント紹介・健康のはぐるま
 
求人情報
 
リンク
 
虹の箱(ご意見箱)
HOMEへ
BACKへ
個人情報保護方針 施設内禁煙宣言 葛飾医療生協の質方針
 医療生協とは、地域の人々が、それぞれの健康・医療とくらしにかかわる問題をもちより、組織をつくり、医療機関を持ち、運営し、それらを通して、その医療機関に働く役職員・医師をはじめとした医療専門家との協同によって、問題解決のため運動する、生協法に基づく住民の自主的組織です。全国に112の医療生協があり、病院や診療所・介護事業など1000をこえる事業所をもち、組合員を中心に地域全体の医療・保健・介護活動に取り組んでいます。
写真  東京葛飾医療生活協同組合は1972年に医療生協の組織として設立されました。法人の歴史の出発点は1963年6月医療法人財団健康文化会による篠原診療所の開設です。篠原診療所は往診や訪問看護など地域住民の要望にこたえた医療活動を展開し、小規模ながら地域になくてはならない診療所として信頼され、地域に支えられてきました。下千葉診療所は1963年、金町診療所は1985年に開設されました。そして現在、3診療所・2訪問看護ステーション・1ヘルパーステーション・1居宅介護支援事業所がそれぞれ連携して、ご自宅での療養を支えるお手伝いをさせていただいております。
 誰もが安心して暮らせる医療・保健・介護のネットワークで、地域まるごと健康づくりの為に様々な活動を展開しています。
 働くものが生み出した「協同組合」を基礎に、医療・保健・介護を通じて“だれもが安心して住み続けられる健康なまちづくり”を創造します。憲法を尊重し、一人ひとりの人権が尊重される自立した地域社会をめざして社会に働きかけます。
 常に平和を希求し核兵器政策、戦争、暴力に反対します。利益本位の資本主義的価値観が様々な危機を招いています。東京葛飾医療生活協同組合は、柔軟で力強い医療生協を育て21世紀に飛翔します。
 生協とは「生活協同組合」を略した呼び名です。くらしのなかでの願いや要求に対して地域の住民が助け合って運動し、生協の運営に参加し、くらしを様々な面から守り、向上させるために集まった自主的な組織のことです。生協には、地域や職場で商品の共同購入をしたり、店舗で食料品などを販売している購買生協(消費生協)や学校生協、大学生協、共済生協、住宅生協などがあります。医療生協もこれら生協の仲間です。
 だれでも出資金を1口以上(当生協では1口千円です)出すことで医療生協に加入し、組合員となることができます。加入されると同世帯の家族のみなさんも組合員と同様の扱いとなります。出資金とは医療生協を運営していく「元手」のことです。出資金は「株」や「貯金」ではないので、配当や利息はつきません。組合員要求実現のために有効に活用します。転居などで脱退されるときは全額お返しします。加入されたら組合員証を受け取り、病院や診療所を利用するときは、この組合員証を提示して利用します。
診療所前で記念撮影
診療所前で記念撮影
 生協に加入する(組合員になる)ことは、出資金(お金)を出すことからはじまります。生協法という法律で「組合員は、出資1口以上を有しなければならない」と決められています。出資額の金額については各生協毎に定められています。出資金は「寄付」ではありません。その違いは、出資することによって、生協の運営に参加し、利用する権利を得ることができることです。また、組合員は出資額の大小によって差別されず、みんなが同等の権利をもっています。
 医療生協の「患者の権利章典」は、組合員自身のいのちをはぐくみ、いとおしみ、そのために自らを律するものです。同時に、組合員・地域住民すべてのいのちを、みんなで大切にし、支え合う、医療における民主主義と住民参加を保証する、医療における人権宣言です。


患者には、闘病の主体者として、以下の権利と責任があります。

 
 病名、症状(検査の結果を含む)、予後(病気の見込み)、診療計画、処置や手術(選択の理由、その内容)、薬の名前や作用・副作用、必要な費用などについて、納得できるまで説明を受ける権利。
 納得できるまで説明をうけたのち、医療従事者の提案する診療計画などを自分で決定する権利。
 個人の秘密が守られる権利および私的なことに干渉されない権利。
なんでも無料相談会 受付はひっきりなし
なんでも無料相談会 受付はひっきりなし
 病気やその療養方法および保健・予防等について学習する権利。
 いつでも、必要かつ十分な医療サービスを、人としてふさわしいやり方で受ける権利。医療保障の改善を国と自治体に要求する権利。
 患者みずからが、医療従事者とともに力をあわせて、これらの権利をまもり発展させる責任。
東京葛飾医療生活協同組合個人情報保護方針(プライバシーポリシー)
  東京葛飾医療生活協同組合は、利用者(患者・組合員)及び職員の「プライバシーに関する権利」を擁護し、個人の人格と人権を脅かす動きに対しては断固反対し行動します。
  東京葛飾医療生活協同組合は、生協の持つ社会的責務として、取得した個人情報を安全かつ適確に保護するために本方針を定め、運用し継続的に改善を図ります。

1、基本的人権を尊重し、個人の情報が保護される権利、及び個人情報の自己決定権を保障します。

白鳥支部・新春のつどい
白鳥支部・新春のつどい
2、個人情報の収集・利用・提供に関しては、医療生協の事業と活動に照らし、収集目的、利用範囲を明確にし、適切に取り扱います。

3、個人情報の紛失、破壊、改ざん、及び漏洩などが発生しない業務を確立します。

4、利用者(患者・組合員)が医療生協の事業活動へ主体的・積極的に参画することを推進します。また、療養や介護に関する情報を本人に提供し説明します。

東京葛飾医療生活協同組合は、法令を遵守し、継続的な改善を図ります。
すべての職員に本方針を周知徹底し、ホームページ等を通じて広く公表します。
施設内および敷地内を禁煙とします

  みなさんご承知のとおり「健康増進法」が制定されて以後、公共施設では全面禁煙が定着してきています。
  WHO(世界保健機構)においても、喫煙による健康被害を減らすように各国に対して対策を呼びかけてきました。
  医療生協は保健・健康運動をすすめることを重視しています。今までも、待合室や診察室など禁煙としていましたが、4月より施設内および敷地内での全面禁煙を実施いたします。今まで備えてあった灰皿等も撤去いたしますのでご協力をお願いいたします。

葛飾医療生協の質方針

イラスト 私たち東京葛飾医療生活協同組合は、「医療生協の患者の権利章典」「医療生協の介護」を指針とし、ISO9001の規格の意図を活かし、法令を遵守し、安全・安心のサービスを提供します。
 そして、常に利用者満足が向上することを目指します。

〒125-0063 東京都葛飾区白鳥2-3-6 TEL 03-5680-7166/FAX 03-5680-7167
Copyright(c)2004 東京葛飾医療生協